空と大河に響くサイクロン空と大河に響くサイクロン

たとえば、地球に初めて来たエイリアンに「料理人」を説明するなら、どうやって説明する?「カマイタチ」の雰囲気とか、いや、前提として世界や日本の説明から始まるのかな。
天気の良い土曜の夕方にお酒を

天気の良い土曜の夕方にお酒を

職場で話すようになった女の人がいる。
少し変わったイメージで、彼女の話はどれも興味深かった。
おまけに彼女は資格マニアだということ。
保育士免許、潜水士の資格、小型船舶の免許。
トイック800点、漢字検定準1級、元スッチー。
公認会計士まで取得していると噂。
さすがにこのことを母に話したら、君の聞き間違いもあり得ると思う、など言われたけれど。
彼女は、かなり年上の部長と職場結婚で寿退社していった。

雲が多い木曜の日没に食事を
「間違いなくこうで当然だ!」と、自分の価値観のみで他人を見極めるのは悪くはない。
と言いたいけれど、世の中には、事情と言うものが人の周りにまとわりついてくる。
これらを考えれば自信を持つのはGOODだけど、あまり反対するのはどうなんだろう?と思う。
これも一意見でしかないんだけれど。
暮らしにくい世になってもおかしくないかもしれない。

よく晴れた土曜の深夜に食事を

すぐ目の前が海というところに私たち家族は、家があり住んでいるので、大津波を離れて暮らす家族が心配してくれている。
特に3月の大震災後は、どれくらい海から隔たっているのかとか高台は身近にあるのかとか問いかけてくる。
俺と妻だって怖いのだけど、しかし、面倒なく条件のあう物件も見つかるわけではない。
しかしながら、本当に高波がやってくるとなった際に逃げる道のりを定めていないといけないと思う、しかし、海の横しか高所へ行く道路がないので、あらためて想像したら怖いと思った。

風の強い週末の深夜に座ったままで
また、麻衣子と明日香と旅に行ってきました。
この2人は、私の専門学校の同級生で、一緒に学んだ仲間です。
しかも、学んだのは旅行業と、英検だったので、観光が、趣味だという学生たちであふれていました。
なかでも、この2人を含む、仲良し6人で色んな土地へ宿泊した思い出は懐かしい。
私は今までそれほど仲のいい友人が多くないし、それでそれで良いと考えています。
という事で、めちゃくちゃ嬉しい言葉だけど、隣で麻衣子が満足そうな顔をしてくれたのもツボでした。

余裕で踊る兄弟と花粉症

休日の時間つぶしに、アンパンマンミュージアムに行って以来、あの場所に虜にされている。
びっくりしたのは、一人でのんびり見にきている方もいたこと。
以来私も、誰かと一緒じゃなくてもいけるし、誰か誘って一緒に来てもらうこともある。
江戸博は、企画展がすごく以来私も、誰かと一緒じゃなくてもいけるし、誰か興味がある人に行くこともある。
江戸博は、企画展示がすごく横須賀美術館は、私の好きな谷内六郎の作品の展示がたくさんある。
どんな方かと言ったら、あの週刊誌、新潮の表紙を描いた人物だ。
それ以外でも、鬼怒川にある、夢二美術館でたくさんの絵葉書を買った思い出も。
このように、ミュージアムにはいつも魅力的な時を楽しませてもらっている。

目を閉じて話すあの子と濡れたTシャツ
テレビを眺めていたり街を歩いていると、綺麗だな〜と思える人は多い。
顔立ちは、一般的な美しさとは言えなくても、人目を引いたりオーラがあったり。
個々の雰囲気は、本人の今までの人生かもしれない。
とても大きいと思う。
最近見てしまうのはミュージシャンの西野カナさんだ。
うたばんを見て初めて質問を受けている姿を見た。
なんてかわいいんだろう!と思わずにいられない。
童顔に、スタイルも程よい感じ、明るい色がとても合うイメージ。
喋り方がほわんとしていて、名古屋弁なのもポイントがアップ。
彼女の曲は結構聞くけれど、本人を見てますます大好きになった。

無我夢中でダンスする先生と冷たい雨

友人の両親が梅干し屋さんらしい。
都心に本部があり台湾にショップもでき、和歌山にファクトリーがある。
各都道府県にたまに、数人で組んだグループで試食会をするらしい。
深夜に、こんな話を聞いていると、食べたくなった。
「梅干し食べたい」など言ったら、たくさんあるよ〜!と出してくれた。
ここで食べた梅干しが、人生で最高に美味しかった。
という事で、早速はちみつ梅を注文してしまった。

汗をたらして吠える兄弟と枯れた森
知佳子はAさんの事が大好きみたいだ。
Aさんも知佳子を大事にしている。
彼が出張の時は、知佳子も一緒に行くし、この前は私も一晩だけ同行した。
この2人は私の事を同じ名前で呼ぶし、何か意見を求める時は、一番に、私に質問してくれる。
なんだか目をかけてくれている感じがしてかなり空気が良いと思った。

涼しい休日の夜はゆっくりと

私は以前から、肌がさほど強くなく、すぐかぶれる。
それもあるし、ボディーシャワーの素肌に残る使い心地が気に入らない。
それだと、冬の時期は凄く乾燥するので、添加物の少ないケア用品を使用している。
これらの品のびっくりする部分は、料金がものすごく高く、買うのに勇気がいるところ。

騒がしく話す友人と読みかけの本
少年は真夜中の3時に目が覚めてしまった。
夏休みが始まって一週間程度たった夏の夜のことだった。
暑くて寝苦しくて寝が浅かったのだろうか。
扇風機は室内のぬるい空気を撹拌しているだけで、まったくもって涼しいとは思えない。

暑くて眠れないし、お腹も空いたので、少年は大好きなカレーを作り始めた。
冷蔵庫を漁り、肉と野菜を用意して、炒め、そして煮込んだ。
空が白んできた頃、少年の家からは、芳ばしいカレーのいい香りが漂っていた。

関連サイト・お役立ちサイトの紹介


お得で一番安い引っ越し料金
引越業者さんごとの金額を比べながらチェック☆お得な引っ越し屋さんは?どの引越会社が1番安い?



Copyright (C) 2015 空と大河に響くサイクロン All Rights Reserved.